21bet日本語ガイド

【期間限定】新規登録ボーナスキャンペーン実施中!!

>>21betに登録する<<

RBCテニス・チャンピオンシップス・オブ・ダラス2018 準々決勝「錦織圭vsドミニク・ケプファー」

 

 

RBCテニス・チャンピオンシップス・オブ・ダラス準々決勝「錦織圭vsドミニク・ケプファー」の一戦が、2月2日にアメリカはテキサス州ダラスのTバーMラケットクラブにて行われます。

 

2回戦の相手マティアス・バッヒンガーを4-6、6-4、6-4の逆転で勝利を収め、何とか準々決勝に駒を進めた錦織選手でしたが、やはり調子は完調には程遠いようです。

 

今回の相手ドミニク・ケプファーも錦織選手よりランキングはかなり下となる295位ですけど、前回同様に厳しい戦いとなるでしょう。

 

ではブックメーカーにて勝敗オッズを見ていきます。

 

ブックメーカーウィリアムヒル

錦織圭勝利 1.11倍、ドミニク・ケプファー勝利 6.00倍、

 

ブックメーカーnetbet

錦織圭勝利 1.10倍、ドミニク・ケプファー勝利 5.75倍、

 

ブックメーカー21bet

錦織圭勝利 1.10倍、ドミニク・ケプファー勝利 5.85倍、

 

現在のオッズを見ると各社軒並み錦織有利のオッズを示していますね。

 

錦織選手の世界ランキングは24位、ドミニク・ケプファーは295位ですから錦織勝利のオッズが1倍台になるのも無理はありません。

 

ここまでの錦織選手の対戦相手と試合ぶりをまとめると、1回戦の相手デニス・ノビコフ選手は24歳と若い選手でビッグサーブを武器としていましたが、錦織選手は冷静にリターンし得意のラリー戦に持ち込んで勝利を手にしています。

 

続く2回戦のマティアス・バッヒンガーは30歳のベテラン選手でデニス・ノビコフ選手とは全く違うラリーを得意とする選手だったので、錦織選手が苦戦を強いられる結果となりました。

 

試合中盤から終盤にかけて試合勘を取り戻し苦しみながらも勝利したことは評価できますけど、まだまだ本調子には程遠い印象があります。

 

そして今回の対戦相手であるドミニク・ケプファー選手は23歳と若い選手ながら、苦戦したマティアス・バッヒンガー選手同様にベースライン上でラリー戦に持ち込んでくるタイプのようですから錦織選手がまたも苦戦する可能性も大いに考えられます。

 

ドミニク・ケプファー選手は錦織選手初対戦となる相手ですし、しかもサウスポー、そしてラッキールーザーから勝ち上がってきていることを考えれば、勢いは錦織選手同等かそれ以上であると思っています。

 

今回の試合も前回同様に苦戦を強いられそうなのでオッズほど楽な戦いにはならないだろうし、下手すれば錦織選手が負ける可能性もあり得ます。

 

復帰後の錦織選手は試合を重ねながら徐々に状態を上げてきているので、何とかこの試合に勝利して優勝まで突き進んで欲しいと思います。


【期間限定】新規登録ボーナスキャンペーン実施中!!

>>21betに登録する<<